販促品との違い

販促品は販促という名の通りに企業、商品の販促、宣伝をするための商品です。
しかしノベルティの場合は企業や商品の宣伝をする目的があるのは確かですがそれ以上に記念品としての意味合いが強く販促品に比べると販促をするよりもノベルティ自体を配布することでもらう側にお得さを味わってもらうことが目的となっていることが多いです。

販促品として違う部分としては記念品としての内容にもあり、販促品が既存のものを利用することが多ければノベルティの場合は単なる販促で収まらないためかノベルティ専用として商品を開発することがあります。
謝礼品としても使われることがあり、何かしらのキャンペーン等に参加することでもらえることもあるのです。
こうした商品は後々ノベルティでは別の形で販売されたりする可能性もあります。

しかしこうした販促品とノベルティの違いは基本的に企業側が認知する話でありもらう側の消費者はそこまで分類して意識する必要はありません。
現にもらう側からすればどちらにしても「宣伝」がされていることであり、そのもらった品をどう使うかはその人次第で「もらえたらラッキー」という意味合いでも販促品もノベルティも何も変わらないからです。