レア物としての価値

価値が高いノベルティとしてはその企業が何周年といった特定の時期を過ぎたことを祝うためのものがあります。
大抵はその企業が象徴するような品であり、内容自体は一般の商品と同じではあるものの、ロゴ等のデザインが一般とは違うということが多いです。
そのほとんど生産が限定されていて手に入れることができる人数が限定されているということになっています。
手に入れる難易度が高いということでこれらはオークションに出されるとプレミアムとして高額で落札される可能性もあるのです。

他には特別な記念品として本来その企業の専門分野ではない別の分野の品が出ることもあります。
昔ではゲームソフトが流行があった時期があり、ゲーム会社ではない他の会社が自分達の分野をテーマにして作られたゲームソフトが限定品として配布されたこともありました。
もちろんゲーム作成自体はゲーム会社自体であるため素人が作った粗悪品というわけではありません。
ゲーム会社自体が特別品として配布することもありました。

しかし物の価値というのは時間の流れによって変わるためこうした限定品として出された記念品もいつまでも高価なものであるとは限りません。
場合によっては反響等で一般の商品として販売されるということもありそうなると商品の価値としては一般レベルにまで暴落します。

販促品との違い

販促品は販促という名の通りに企業、商品の販促、宣伝をするための商品です。
しかしノベルティの場合は企業や商品の宣伝をする目的があるのは確かですがそれ以上に記念品としての意味合いが強く販促品に比べると販促をするよりもノベルティ自体を配布することでもらう側にお得さを味わってもらうことが目的となっていることが多いです。

販促品として違う部分としては記念品としての内容にもあり、販促品が既存のものを利用することが多ければノベルティの場合は単なる販促で収まらないためかノベルティ専用として商品を開発することがあります。
謝礼品としても使われることがあり、何かしらのキャンペーン等に参加することでもらえることもあるのです。
こうした商品は後々ノベルティでは別の形で販売されたりする可能性もあります。

しかしこうした販促品とノベルティの違いは基本的に企業側が認知する話でありもらう側の消費者はそこまで分類して意識する必要はありません。
現にもらう側からすればどちらにしても「宣伝」がされていることであり、そのもらった品をどう使うかはその人次第で「もらえたらラッキー」という意味合いでも販促品もノベルティも何も変わらないからです。

ノベルティとは

ノベルティとは英語でnoveltyといい、意味は珍しい、目新しい商品を指しますが企業から出されるノベルティの場合には意味が違っており企業が自社か商品の宣伝を目的としてそれらの名称を入れて配布する記念品のことを指します。
宣伝を目的とできればいいためノベルティの種類は多種多様であり、企業によってもどのような形態の記念品を出してくるかは変わってきます。

しかし実際に企業や商品を宣伝する品としては既に販促品というものがあります。
こちらは名の通りに商品の販促のために出すものであり宣伝という意味ではノベルティと同じように見え、実際に利用する企業によっては同じような意味合いで使っているところもあります。
しかし販促品とノベルティでは形態は似たようなものであってもその意味合いに違いはあります。
では実際にノベルティは販促品とどのような違いがあるのでしょうか。

ノベルティは違いがある故に販促品とは違った記念品の展開をすることがあります。
中にはノベルティとしてしか手に入れることができないという限定品として価値が高い品も出てくる場合があるのです。
それはノベルティ自体がもらえる時期が限定されていることもあるのが拍車をかけています。
では実際にノベルティとして出てくる記念品にはどのようなものがあり、その価値としてはどのようなものになっているのでしょうか。

実際に関わることができるかどうかを運次第な面もありますが、気になる場合は情報を追う必要があるでしょう。