レア物としての価値

価値が高いノベルティとしてはその企業が何周年といった特定の時期を過ぎたことを祝うためのものがあります。
大抵はその企業が象徴するような品であり、内容自体は一般の商品と同じではあるものの、ロゴ等のデザインが一般とは違うということが多いです。
そのほとんど生産が限定されていて手に入れることができる人数が限定されているということになっています。
手に入れる難易度が高いということでこれらはオークションに出されるとプレミアムとして高額で落札される可能性もあるのです。

他には特別な記念品として本来その企業の専門分野ではない別の分野の品が出ることもあります。
昔ではゲームソフトが流行があった時期があり、ゲーム会社ではない他の会社が自分達の分野をテーマにして作られたゲームソフトが限定品として配布されたこともありました。
もちろんゲーム作成自体はゲーム会社自体であるため素人が作った粗悪品というわけではありません。
ゲーム会社自体が特別品として配布することもありました。

しかし物の価値というのは時間の流れによって変わるためこうした限定品として出された記念品もいつまでも高価なものであるとは限りません。
場合によっては反響等で一般の商品として販売されるということもありそうなると商品の価値としては一般レベルにまで暴落します。